*

「メルマガ10号」で考える、区切りのいい数字の価値とは(上田逸平)

公開日: : 最終更新日:2016/08/07 商品・サービスの価値について

※7月25日送信のメルマガの転載です。
「メルマガ10号」で考える、区切りのいい数字の価値とは
--------------------------------
■先日、カープの黒田投手が日米通算200勝を達成しましたね。

素晴らしい! かっこいいですね。
チームも強いし、黒田投手も200勝したんで、今年は

カープファンでいくことにします。

(特定の球団を応援していませんので毎年応援する球団が
変わります)

■さて、このメルマガ、ついに10号です。

よく続きました、自分で自分をほめてあげたい。
たった10号と侮るなかれ、10があるから11があり、
それが100、1000とつながっていくんですね。

メルマガやめるときは、ビジネス辞める時と、公言しまくって
いるので、続いていくと確信しています。

■さて冒頭の黒田投手の200勝、
その後の私のメルマガ10号の2つのお話し、

難易度も、数字も全く違うので

並べて書く対象にすらなりませんが

何が言いたいのかというと、区切りのいい数字に、
人は、なぜか価値を感じてしまいますね、

ということを書きたかったのです。

やはりそれは、10進法の世界だからでしょうね

二進法の世界だと

1、10、11、100と進むので「0」で終わる数字が

2回に1回、回ってきます。となるとそれほど価値を感じ
ませんね。

■冒頭の黒田投手のインタビュー

「自分にとっては、199勝目も200勝目も
かわらない、明日から201勝目を目指して
がんばるだけ」

たしかに、勝利そのものの価値に優劣はないかもしれません。

またまた、レベルの違いはさておき

メルマガも区切りのいい10号だからどうだという
ことでは全くありません。

しかし区切りのいい数字に価値を感じるのは
ブランド作りの時の重要なポイントである機能的・物理的価値に対する
情緒的・情緒的価値の一つではないでしょうか。

あなたの会社や店舗の価値をつくり、価値を伝える際に
区切りのいい数字をうまく活用できないか考えてみるのも
いいかもしれませんね。

今日は、あっさりと短い文章で
メルマガの記念すべき10号に免じて。

 

メルマガイラスト

 

関連記事

フリー

ノンアルコールビールをグビグビ飲みながらブランドについて考えたこと(上田逸平)

ノンアルコールビールをグビグビ飲みながらブランドについて考えたこと(上田逸平) (7月18日送

記事を読む

バス 

利用して考えた「夜行バス」の価値とは(上田逸平)

※8月5日送信メルマガの転載です。   利用して考えた「夜行バス」の価値とは

記事を読む

no image

「携帯電話のない時代」の行動パターンとペルソナについて

※9月17日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマガジンでは、このブログの内容に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
「ポケモンGOにはまっている上場企業の役員さんに驚愕!」ペルソナを探る

※10月6日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

no image
「LINEスタンプの効果」とブランディングについて

※10月4日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%a4
「キンモクセイの香りが秋を感じさせてくれる」とブランディングについて

※10月1日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

engimono_12_1
「松、竹、梅」から考えるブランドイメージについて

※9月29日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

no image
大河ドラマで藤岡弘さんを見て、「あっ仮面ライダー1号」と思ってしまうこととブランドイメージについて

※9月26日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑