*

選挙の投票から、ブランドづくりを考える(上田逸平)

公開日: : 最終更新日:2016/07/26 ブランド作りの基本的考え方

投票箱

※7月11日送信のメルマガの転載です。
--------------------------------

■な、なんと20年ぶりくらいに投票に行きました。

何の気まぐれか、ちょっと気分転換にというくらいの
軽い気持ちで出かけました。

「そういうことを言うとダメ!」と怒られそうですが
正直に申し上げます。

1票が、投票結果に,どう影響するのか?

いまだにイメージできないのです。

開票後の、得票数を見ると当たり前ですが
「約○○万票」でなく、
そこには、「198451票」と、最後の1ケタまできっちりと
表示されています。※数字は適当です。

もし、私が投票に、いかなければ、その数字は間違いなく
「198450票」になっていました。

そう考えると、一つ一つの積み重ねが大事であることは
疑う余地がありませんが、やはり、ピンと来ません。

■ビジネスも、やはりコツコツ1票づつ積み上げるが如く
努力するべきなのでしょうか。

選挙ではありえないけど、ビジネスなら
一人で何万票も投票できて、一気に、情勢を変える
ということが可能なはずです。

オセロゲームのように、一気に潮目を変える
戦略思考と、コツコツ努力する、バランス感覚が必要だと思います。

■ではブランドづくりは、どうでしょうか?

たしかに、コツコツ積み上げが大事です。

老舗企業は、その積み上げが、今に至っていると思います。

しかし、コツコツ積み上げれば、ブランドのある老舗企業に
なれると限りません。

おそらく、今残っている、老舗企業の陰には、コツコツ努力した
けれど、消えていった、企業が、たくさんあったはずです。

■ブランドづくりの成功の秘訣は、原理原則に則って、
正しい方法で取り組むことです。

最初の取り組む方向が間違っていれば、努力すればするほど
違う方向に進むことになります。

■ブランドづくりの原理原則については
一般社団法人ブランド・バリュー協会のフレームワークが
おススメです。ご関心がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
http://www.brand-value.org/program/overview.html

■本日の最後に、ブランドを浸透させるスピードついては、
昔と今では、格段の差が生まれました。

それはインターネットが普及したからです。

関連記事

no smoki

「全席禁煙」にするかどうか?の悩みとブランドづくり(上田逸平)

※7月13日送信のメルマガの転載です。 -----------------------

記事を読む

キャプチャ2121

ブランドのある店。ない店(上田逸平)

■あなたには、こんな経験はないでしょうか? なかなか予約の取れない、てんぷら店に予約の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
「ポケモンGOにはまっている上場企業の役員さんに驚愕!」ペルソナを探る

※10月6日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

no image
「LINEスタンプの効果」とブランディングについて

※10月4日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%a4
「キンモクセイの香りが秋を感じさせてくれる」とブランディングについて

※10月1日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

engimono_12_1
「松、竹、梅」から考えるブランドイメージについて

※9月29日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

no image
大河ドラマで藤岡弘さんを見て、「あっ仮面ライダー1号」と思ってしまうこととブランドイメージについて

※9月26日送信メルマガの転載です。 月、水、金、発行のメールマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑